空き家バンク

『偶然ではなく必然』な夜を過ごした翌日、羽咋市役所の職員の方に、空き家バンクに登録されている物件を何軒かピックアップしてもらい案内していただきました。

「比較的状態の良い、即入居可能なところをピックアップしました」
と言うことで、物件巡りはスタートしたのですが、
どこに基準を持つかという問題もあるんでしょうが、実際にそこに住み、生活をすることを考えると手直しが必要なところばかり…

ただでさえ転校するのを嫌がってる娘からしたら問題外の物件ばかりだったようで、帰ってきてから「今回見た所には住みたくないよ」と嫁に言ってたそうです。

これでも状態が良い部類に入るわけですからね。

住まい探しから難航です。

その他にも、今回の旅でお話しする機会のあった先輩農家さんたちからは、「良いことばかり伝えるわけにもいかないから」と、口裏を合わせたかのように厳しい現実をたくさん聞かせていただきました。

レンタカーがパンクして、実費で修理するという不運から始まった今回の旅は、なかなか厳しい現実を見せてくれました。
(;^ω^)

帰りの高速道路では、覆面パトカーに速度超過で捕まるとこでした。
娘がトイレに行きたがって、急遽減速&車線変更したから間一髪!

こういう事って畳み掛けるかのように連続して起こることを何回も経験してるので気を付けなくては。

で、旅の後、実家の両親と妹も呼んで話し合いましたが、1ヶ月前に祖母が亡くなった時に話し合った話と言ってることが食い違ってるし。

うん、イライラしてもしょうがない。

しばらく無理せず、アイドリングしてこの波をやり過ごすかな。

さて、今日は7月1日、繁忙期初日。

雨…

そう言えば、北陸の人は口を揃えて天候のこと言ってたな。
雨が多くてドンヨリした気持ちになるって。

でも約20年間、雨の日も雪の日も、台風の日も、一日中外で雨にうたれ続けながら働いてきたこの憂鬱さに比べたら大したことないように思えてきた。

前向きに住まい探しを続けていきます。

自然栽培×発酵『地球知足』

0コメント

  • 1000 / 1000